Googleカレンダーに支払いスケジュールを通知するための設定を行います

2020/05/24
私は仕事や家事、そしてお金の予定を「Googleカレンダー」で管理しています。Googleカレンダーとは検索エンジン会社のGoogleが無料で提供しているスケジュール管理用のサービスです。いわばネット上の手帳です。

信頼性の高いGoogleのサーバーに保管されているので、これまで常に感じていた手帳の紛失や置き忘れの不安から開放されました。

また、自分のパソコンでなくても自分のカレンダーを見ることができます。仕事先で、あるいは子どものパソコンをちょっと借りてなど、見たいと時その場で予定を確認しています。

また、カレンダーを複数作れるのも便利な点です。私の場合は計5枚のGoogleカレンダーを設定して使っています。

ひとつは打合せや取材を受ける場合など日時が確定した予定用に1枚、原稿を書く段取りや資料調べなど日時の融通は利くけれど、準備や作業時間を確保しなければならない「段取り仕事」用にもう1枚作っています。

3枚目は家事用のカレンダーです。週に1回の資源ゴミの日や月に2回の廃品回収の日も定期的な予定として自動的に入力されるようにしています。

4枚目のカレンダーは家族の予定用です。家族の誕生日や入学式などの日程などを入力しています。こうしたカレンダーは単独で見ることもできますし、重ねて表示させることもできます。

さて5枚目のカレンダーですが、これがお金の予定のカレンダーです。年に数回、定期的に支払う必要があるものを記入しています。

例えば、固定資産税の支払いは年4回やってきます。税金は納付が遅れた場合には延滞税が掛かりますから要注意です。

まだまだあります。諸会費の年1回の納入、年4回に分けて支払っている住民税、年1回の車両税、年払いの地震保険や火災保険、子供の学校の学費など、家族が成長してくると年に数回のこんな大きな支払いが多くなってきます。どんな家庭も総額では数十万にもなる金額ではないでしょうか。

こうした支払いをGoogleカレンダーに入力し、定期的な予定として設定しておくと来年も再来年も自動的にカレンダーに表示されるようになります。これは紙の手帳よりも圧倒的に便利な点です。

さらに携帯電話のメールやパソコンメールに通知を送るようにしておくと、忘れることはありません。お金の予定も仕事や家事の予定と同様に大切です。前もって分かっていれば、慌てることなく支払う準備をすることができるのです。